忍者ブログ

BE FREE LIKE A BIRD in NEW ZEALAND

2001年3月にワーキングホリデーでニュージーランド(New Zealand)に入国以来、現在までニュージーランド生活を続けています。ニュージーランド生活や近況報告、地域の紹介、スポーツ。新しいことへのチャレンジなどを中心に、料理や趣味の家庭菜園、ワインテイスティングなどの紹介も書いています。私をご存知の方、記入コメントはくれぐれもANT宛でお願いします。また最初の記事の上部の写真はニュージーランド南島中南部テカポにある「善き羊飼いの教会」 です。
MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

お世話になったシソさん

久しぶりに写真のない地味な更新です・・・。

去年から始めた趣味の家庭菜園のうち、赤シソの種を回収しました。
種はすでに3年前のもので、合計3回50粒は撒いた青シソは全滅。
同じく 50粒植えた赤シソのうち発芽した5粒です。

結局2、3回ほど、サラダ、寿司などの食卓に上がったのみでしたが、この5株から取れた種(200粒くらい)でさぞかし強い遺伝子と思うので来年はここからまた第二世代として育てていこうかと思います。

ちなみにシソを作ったプランターは捨てずに置いておこうかと。多分来年あたり落下したシソの種が自然発芽すると思われるので。

今年の10月あたりに、種まきでしょうか・・・。

ただ問題は、趣味だった家庭菜園ですが、いまやハーブ農園で本職となっています。ですんで、来年は規模を縮小していこうかと・・・。

拍手[0回]

PR

Comment

アリスさん

うちも朝晩の気温差が激しい国です。そちらほど最高気温が高くないですが・・・。夏場でさえ朝晩は10℃は切ってきます。

10cmくらいの鉢に2株ずつぐらいで、室内のカーテンと窓の間の枠におき、室内で育ててみてはいかがですか?栽培方法は過去のブログの家庭菜園のカテゴリーをご覧ください。

無題

  • アリス
  • URL
  • 2009-06-13 20:45
  • edit
ハーブ農園で働いておられるんですよね。
シソは恋しくなる薬味の一つです。こちらの気候は何でも育てるのがとても難しく(酷暑極寒)、特に日陰が作ってあげられないうちのベランダではバジルも生き延びませんでした。
でも将来はシソその他日本野菜を育てたいなあと思っています。
お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

× CLOSE

カレンダー

09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

プロフィール

HN:
ANT
性別:
男性
職業:
専門職
趣味:
スポーツ観戦、音楽、ハーブ栽培、ワインティスティング、料理
自己紹介:
NEW ZEALANDに約10年住んでいます。
シェフとしてこの国に働き、
2006年3月には永住権を取得。
2007年ポリテクニック(専門学校)NZ CHEFコース入学。
2008年に卒業。日本とNZ両方のシェフに。
2009年シェフをお休みして、ハーブ農場に転職。
2010年身辺整理などもかねて5ヶ月日本に帰国。
2011年ダニーデンに戻ってシェフとして復帰する
念願のマイホームを手に入れる

自宅でハーブの栽培にチャレンジしています。毎年、バジルと水菜、紫蘇、タイム、ニラ、三つ葉などをプランター栽培しています。

休日にはワインテイスティングに行くのが楽しみです。

レストラン、ハーブを理解した後は、ワインのことについて働きつつ学びたいと思っています。

身長180CM 体重67kg 

FX外国為替ブログパーツ


-外国為替-

フリーエリア

忍者アド

ブログ内検索

最新コメント

(10/28)
(10/20)
(09/22)
(09/15)
(05/31)
(04/22)

最新トラックバック

バーコード

アクセス解析

× CLOSE

Copyright © BE FREE LIKE A BIRD in NEW ZEALAND : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]