忍者ブログ

BE FREE LIKE A BIRD in NEW ZEALAND

2001年3月にワーキングホリデーでニュージーランド(New Zealand)に入国以来、現在までニュージーランド生活を続けています。ニュージーランド生活や近況報告、地域の紹介、スポーツ。新しいことへのチャレンジなどを中心に、料理や趣味の家庭菜園、ワインテイスティングなどの紹介も書いています。私をご存知の方、記入コメントはくれぐれもANT宛でお願いします。また最初の記事の上部の写真はニュージーランド南島中南部テカポにある「善き羊飼いの教会」 です。
MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ASB CLASSIC TENNIS' 2011

今年もテニスのAUSTRALIA OPEN の前哨戦のAUCKLAND OPEN(ASB CLASSIC OPEN)おこなわれます。

昨年も、このトーナメントの記事を更新しましたが、今年も日本女子テニス界の絶対エースのクルム伊達選手が帰ってきます。

昨年のこの時期世界69位の伊達さんは、今年は51位で帰ってきてくれました。体力のハンディを頭脳的、心理的なプレーで跳ね返し、TOP50で2011年シーズンを突入されたことは本当にすごいことだと感じます。個人的には、ダブルス出場を控えられて、シングル1本で、体力を温存していただきたいと思います。

今年のASBテニスの番組のタイトル、フラッシュ映像に伊達さんの映像も入っており、今年は第6シードとしてランクされています。

ただ、残念ながら今年は初戦で敗退されました。今シーズン最初の試合ということでコンディションの持って生きようが難しいようです。あくまでも、メジャー大会のオーストラリアオープンに照準を合わせていくはずですから、今にピークを持っていく訳にはいけません。

私も、急遽お仕事が入ってしまい、応援することができませんでしたが、
今年も彼女の活躍を期待しています。

拍手[0回]

PR

ラグビーワールドカップ2011


ラグビーのワールドカップ2011はここ、ニュージーランドで開催されます。

何気に表のポストを空けると、新聞などに紛れて、1つのパンフレットが・・・。

「OFFICIAL TICKET GUIDE OF RUGBY WORLD CUP 2011」

そうか・・・。もう来年なんや・・・。

ページを開けて見ると、うまくできていて、スタジアム別、国別にスケジュールがあり、チケットも国別。、スタジアム別、試合別に購入できるらしく便利そうだ。


まずオールブラックスをみる。フランス。カナダ。トンガ。そしてASIA1(おそらく日本が上がってくるはず)とAブロック。

フランスとブロックでやるの?激戦区やん。でも2位以上は確実やな。そして日本はどう転んでも・・・。

で肝心の試合会場は・・・。オールブラックス、日本のブロック戦は全戦、北島です。残念でした。しかし、オールブラックスは準々決勝ではA
組1位でも2位でもクライストチャーチになります。

ではここでラグビー日本の話ですが、ブロック全敗確実、迷走(めいそう)岡田監督率いる日本サッカーとは違い、こちらは名将(めいしょう)ジョン=カーワン(NZ人)の元で、ここ5年で、確実に地力をつけてきている日本、トンガ、カナダとは互角に戦えるようになってきています。W杯初勝利あわよくば、このブロックで2勝できる可能性すらあります。

是非アジア最終予選(おそらく5月の5カ国対抗戦を指すと思われます。日本、韓国、カザフスタン、アラブ連合、香港)で勝ちあがってくる必要があります。実力的には日本がすべてに上回っているのとされるので、ここでは取りこぼせません。ここで2位になると、プレーオフにまわされます。

プレーオフは、ウルグアイ、チュニジア、アジア2位、ヨーロッパ8位との対抗戦の勝者ということになります。簡単ではないブロックかもしれません。

ここの勝者は、イングランド、アルゼンチン、スコットランド、グルジアのブロックとなり、ここは死の組といわれています。ただこのブロックはインバーカーゴとダニーデンで試合があります。

拍手[0回]

ASB CLASSIC TENNIS(2)

2010年最初のテニストーナメントがNZで毎年行われます。

1997年に引退された伊達公子さんが1昨年復帰され、去年より本格的に世界を回るようになって丸1年が経ちます。12年のブランクを経て復帰されて2010年12月30日現在の世界ランキングは69位。(日本ランク1位)39歳という年齢からして、考えられないような活躍ぶりに驚きと尊敬を抱いています。復帰された頃、日本の評論家は100位位が精一杯だろうといわれていました。

4日(月)1回戦 世界ランク67位Anna Chakvetadze (RUS)を6-1、6-2であっさりと退け

6日(水)2回戦 世界ランク19位 第5シード Virginie Razzano (FRA)を3-6、6-3、6-2で下し準々決勝に進出。

7日(木)世界ランク16位 第3シードYanina Wickmayer (BEL)に2-6、2-6
で敗れたもののとても感動しました。

おもしろくないNZのテレビで初めてかじりついた自分がいました。最後の試合は仕事で見れなかったけど、聞けばテレビの解説者が18歳の女の子のように笑顔でプレーしている。若いといっておられました。

前日の第5シードはスコア以上にものすごいタフな試合で、これを超えた時にすでに全精力を使い切っていたのかもしれません。

2週間後には四大大会のひとつ全豪オープンがあります。すぐにオーストラリアに入られると思いますが、また来年帰ってきてほしいなと思います。

拍手[0回]

ASB CLASSIC OPEN TENNIS(1)

新年が明けると、NZは テニスの4大大会のひとつオーストラリアオープンの前哨戦となるオークランド・オープンが行われます。

毎年、レストランで働いていて、年末年始が忙しく、全く見ることができないのですが、今年は何年かぶりにレストランで働いていない、ゆっくりとした正月を迎えることができました。

今年も昨年に引き続き、日本からクルム伊達さんが、NZの大会にエントリーされています。本来ならオークランドに行って直接見たいところですが、やはり仕事があるのでそういうわけにはいかず、テレビ観戦の予定です。

年を重ねられてもテニスに対する取り組み、レーサーである旦那さんの協力は、とても感心させられます。日本人男性は見習うべき姿ではないでしょうか。

今年は例年になくNZは風が強く、直径25cmくらいあろう松林がしなるほど揺れる日もあり、枝が折れて飛ばされひどいです。こんな風ではテニスのサーブトスもまともに上げられないでしょう。

そして忘れてはいけないのが紫外線。NZは南極上空に大きなオゾンホールがあるせいで、紫外線は日本の7倍以上気温が低いと安心していたらあっという間に肌がボロボロ、そして黒くなってしまいます。私も、1年間を通じて半そででいたことがほとんどありません。

本戦は月曜日から始まりますが1日でも長く残って私達に試合を見せていただきたいと応援しています。

伊達さんのブログ http://ameblo.jp/kimiko-date/

拍手[0回]

Classic All Blacks 来日



去年に引き続いて、クラッシックオールブラックス(ニュージーランド代表チーム)が日本にやってきます。(5月31日に日本代表とのテストマッチ)クラッシックですから、基本的に過去のオールブラックス代表な訳ですけど、今回のメンバーは3人くらい、2006年のワールドカップのメンバーがいてはっきり言ってメンバーを見れば、クラッシックじゃない。今もちゃんとヨーロッパなどでプレーを続けている現役プレイヤーばっかりです。日本にいる方は是非テレビもしくは会場でその雄姿をチェックしてください。圧倒的に強いです。そして試合の前に見せるHAKAぜひ注目してください。

拍手[0回]

ワールドカップ・ラグビー

 

4年待ち続けたW杯ラグビーが始まります。応援するDOUG HOWLETT(表紙の写真)も今回が最後。アイルランドに移籍が決まっています。

それはそうと、ありがとうTV3、NZの地上波でラグビーを見ることができます。今年テストマッチはプライム(TV9)とSKY(衛星)でしか見れず、わが町クロムウェルは日本で言う「一部の地域」であり、ラグビーが見れなかったのでした。

ありがとうフランス。この国の時差のおかげで、深夜11時からの放送になります。
うれしい理由その1、仕事中の放送なら、客が満員になり、BAR FOOD OWDERでパニックになります。

その2、深夜11時からの放送ということは、仕事が終わっており家でゆっくり見れます。

日本ではまだまだメジャーになりきれておらず、日本戦と準々決勝あたりからしか地上波では見れないらしいです。
日本(世界18位)は格上のフィジー(13位)に善戦(日本31-35フィジー)しましたが、オーストラリア(世界2位)、ウエールズ(世界9位)には惨敗でした。まだまだ世界の壁は厚いです。次の最終戦、カナダ(世界14位)にはいい試合を期待しています。

拍手[0回]

× CLOSE

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
ANT
性別:
男性
職業:
専門職
趣味:
スポーツ観戦、音楽、ハーブ栽培、ワインティスティング、料理
自己紹介:
NEW ZEALANDに約10年住んでいます。
シェフとしてこの国に働き、
2006年3月には永住権を取得。
2007年ポリテクニック(専門学校)NZ CHEFコース入学。
2008年に卒業。日本とNZ両方のシェフに。
2009年シェフをお休みして、ハーブ農場に転職。
2010年身辺整理などもかねて5ヶ月日本に帰国。
2011年ダニーデンに戻ってシェフとして復帰する
念願のマイホームを手に入れる

自宅でハーブの栽培にチャレンジしています。毎年、バジルと水菜、紫蘇、タイム、ニラ、三つ葉などをプランター栽培しています。

休日にはワインテイスティングに行くのが楽しみです。

レストラン、ハーブを理解した後は、ワインのことについて働きつつ学びたいと思っています。

身長180CM 体重67kg 

FX外国為替ブログパーツ


-外国為替-

フリーエリア

忍者アド

ブログ内検索

最新コメント

(10/28)
(10/20)
(09/22)
(09/15)
(05/31)
(04/22)

最新トラックバック

バーコード

アクセス解析

× CLOSE

Copyright © BE FREE LIKE A BIRD in NEW ZEALAND : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]