忍者ブログ

BE FREE LIKE A BIRD in NEW ZEALAND

2001年3月にワーキングホリデーでニュージーランド(New Zealand)に入国以来、現在までニュージーランド生活を続けています。ニュージーランド生活や近況報告、地域の紹介、スポーツ。新しいことへのチャレンジなどを中心に、料理や趣味の家庭菜園、ワインテイスティングなどの紹介も書いています。私をご存知の方、記入コメントはくれぐれもANT宛でお願いします。また最初の記事の上部の写真はニュージーランド南島中南部テカポにある「善き羊飼いの教会」 です。
MENU

ENTRY NAVI

  • Home
  • ニュージーランドで家庭菜園

Cherry Tomatoes 2017





3年ぶりのチェリートマト再開です。

まあいろいろあるんですが、とりあえず、少しづつ3年以上前のように昔のガーデンを取り戻していかないといけません。


8株植えたので、一株100個、800個収穫が目標です(笑)

10月中に種まきを終えたいです。
 
その他、今年は、バジル、水菜、クレソン類、スナップピー(豆)そして紫蘇なども考えています。
 
11月は雑草引きがメインになりそうです。
 
週5(時々休日出勤で週6)プラス、ハウスワークで、正直表の庭に
まったくもって手が回らず、今年は試験的に
 
庭の草引きを手伝ってくれたワーホリの方にフリーアコモ(離れの部屋)を提供することも考えています。
 
まあとにかく今月は種まき集中です。

拍手[0回]

PR

2016-17 Season の ドライハーブ

2017-18のガーデニングを再開するに先立ち
 
昨年度のドライハーブをかたづけました
 
こんな感じ

 
 
セージ
ポークのソースなどに使ったり、ハーブティにします。

 
レモンバーム
ハーブティにします。

 
オルガノ
万能ハーブとして、ピザやパスタ、チキンやポテト料理などいろいろな用途に使います。
 

 
タラゴン
魚料理やビネガーに茎ごと加えてタラゴンビネガー(ドレッシングのベースとなるビネガー)にしたりします。
 

 
こんな感じ

 
 
ドライストアが空になったのでまたあたらしく、収穫としたハーブをドライハーブにすることができます。
 

1か月後くらいかな

そろそろ種まきをしていかないといけない時期です。

拍手[0回]

2017-18の最初のガーデニング

毎年恒例のガーデニング初日は、グリーンハウスの掃除片付けから始まります。

グリーンハウスの中のプランターや鉢類などをすべて出して、雑草の処理やら、蜘蛛の巣やパネルなどのチェックをします。

それからすべてのパネルや枠などを掃除します。

外に出した棚などもクリーニングします。




年を超えた、ニラたち一番古いものはもう8年、9年ものになりますが、

新芽を伸ばしてくれています。

オークランド、クライストチャーチなど大きな町を除いては、町に中国人が経営する野菜ショップがないので、自分で育て始めたのがきっかけでした。

自家製餃子を食べたいのです。



そして今年のハウス内のハーブや野菜など何を育てるか考えています。

課題は、夏に1週間ほど旅行をする際に、水やりができない問題で、今年の作付け計画がなんこうしています。

家を空けると、誰もいないので、夏場はモノを駆らせてしまう可能性が出てくるのです。

そのために今年はやらないというのも一つの方法です。





こんな形できれいになりましたが、紫外線によるパネルの劣化が始まっています。

この感じではあと2,3年しか持たないような気がします。


パネルの劣化は待ってはくれないので休みたくないのは現状です。


知人の勧めで、現在灌漑設備を勉強しようかと思っています。


その辺についてはまた時間があるときに書こうと思います。

拍手[0回]

ポテトの収穫

年に一度の行事
芋ほりです。


今年は当初は、うらのポテト畑1m×2mはm連作障害を考慮して休ませるつもりでした。


でも、勝手に生えてきたのです。



で、実際、実があるのか半信半疑ながら、ほりかえしてみたのです。




そしたらあるわあるわです。

結局こんなに取れました。10ℓバケツ5個。

50キロくらいあります。

どうすんねん。こんなに。





冷暗所で、乾かすのですが、暗いところがないんで、車庫の中に並べて、防草シート(黒)2重にかぶせて光を遮断する予定です。



表面のつちが乾いたら新聞紙でくるんだダンボールに入れて、家の床下の格納庫で保存です。


冬場はポテト料理中心です。(笑)

















拍手[1回]

冬支度

ニュージーランド・ダニーデンは少しずつですが涼しくなってきています。

表のハーブが冬枯れする前に、収穫して、ドライハーブを作るべく

準備を始めました。



左からレモンバーム、タラゴン、ミント、オルガノです。

ミントが遅れていますが、レモンバームはハーベストできたので、

こちらは、ハーブティにすべく、収穫後、色のいい葉のみ分別しました。



タラゴンは、表面の泥を落とすべくサッと洗って、水切りです。






でドライハーブ用、格納庫にて 陰干しです。


あとはミントがどれくらい復活するか待ってみます。

拍手[0回]

セージの収穫



セージ(ハーブ)を収穫しました。

風味も香りも色も悪くなるから、ホントは花を咲かす前に回収するんだけど、働くミツバチに悪いなって思って花が終わるのを待ちました。

これで約4割くらい。

あとはまだ花がついていたので、蜂さんのために残しました。




葉のみを分別してドライハーブに。

本当は洗いたくないのですが、それでも砂がついている可能性もあるので、
水でサッと洗って水抜きをします。

そのあとは、屋内の乾燥ボックス(ドライストア)で陰干しします。



セージは豚肉と相性がいいです。


そしてこのセージとても、いろんなことに効果があります。


http://an-herb.com/sage.html 



少量ですが、ハーブティにも混ぜるか、うがい用に少量つくってみようかと思っています。






拍手[0回]

× CLOSE

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

プロフィール

HN:
ANT
性別:
男性
職業:
専門職
趣味:
スポーツ観戦、音楽、ハーブ栽培、ワインティスティング、料理
自己紹介:
NEW ZEALANDに約10年住んでいます。
シェフとしてこの国に働き、
2006年3月には永住権を取得。
2007年ポリテクニック(専門学校)NZ CHEFコース入学。
2008年に卒業。日本とNZ両方のシェフに。
2009年シェフをお休みして、ハーブ農場に転職。
2010年身辺整理などもかねて5ヶ月日本に帰国。
2011年ダニーデンに戻ってシェフとして復帰する
念願のマイホームを手に入れる

自宅でハーブの栽培にチャレンジしています。毎年、バジルと水菜、紫蘇、タイム、ニラ、三つ葉などをプランター栽培しています。

休日にはワインテイスティングに行くのが楽しみです。

レストラン、ハーブを理解した後は、ワインのことについて働きつつ学びたいと思っています。

身長180CM 体重67kg 

FX外国為替ブログパーツ


-外国為替-

フリーエリア

忍者アド

ブログ内検索

最新コメント

(10/28)
(10/20)
(09/22)
(09/15)
(05/31)
(04/22)

最新トラックバック

バーコード

アクセス解析

× CLOSE

Copyright © BE FREE LIKE A BIRD in NEW ZEALAND : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]