忍者ブログ

BE FREE LIKE A BIRD in NEW ZEALAND

2001年3月にワーキングホリデーでニュージーランド(New Zealand)に入国以来、現在までニュージーランド生活を続けています。ニュージーランド生活や近況報告、地域の紹介、スポーツ。新しいことへのチャレンジなどを中心に、料理や趣味の家庭菜園、ワインテイスティングなどの紹介も書いています。私をご存知の方、記入コメントはくれぐれもANT宛でお願いします。また最初の記事の上部の写真はニュージーランド南島中南部テカポにある「善き羊飼いの教会」 です。
MENU

ENTRY NAVI

  • Home
  • ニュージーランドで家庭菜園

2016-17 Season の ドライハーブ

2017-18のガーデニングを再開するに先立ち
 
昨年度のドライハーブをかたづけました
 
こんな感じ

 
 
セージ
ポークのソースなどに使ったり、ハーブティにします。

 
レモンバーム
ハーブティにします。

 
オルガノ
万能ハーブとして、ピザやパスタ、チキンやポテト料理などいろいろな用途に使います。
 

 
タラゴン
魚料理やビネガーに茎ごと加えてタラゴンビネガー(ドレッシングのベースとなるビネガー)にしたりします。
 

 
こんな感じ

 
 
ドライストアが空になったのでまたあたらしく、収穫としたハーブをドライハーブにすることができます。
 

1か月後くらいかな

そろそろ種まきをしていかないといけない時期です。

拍手[0回]

PR

2017-18の最初のガーデニング

毎年恒例のガーデニング初日は、グリーンハウスの掃除片付けから始まります。

グリーンハウスの中のプランターや鉢類などをすべて出して、雑草の処理やら、蜘蛛の巣やパネルなどのチェックをします。

それからすべてのパネルや枠などを掃除します。

外に出した棚などもクリーニングします。




年を超えた、ニラたち一番古いものはもう8年、9年ものになりますが、

新芽を伸ばしてくれています。

オークランド、クライストチャーチなど大きな町を除いては、町に中国人が経営する野菜ショップがないので、自分で育て始めたのがきっかけでした。

自家製餃子を食べたいのです。



そして今年のハウス内のハーブや野菜など何を育てるか考えています。

課題は、夏に1週間ほど旅行をする際に、水やりができない問題で、今年の作付け計画がなんこうしています。

家を空けると、誰もいないので、夏場はモノを駆らせてしまう可能性が出てくるのです。

そのために今年はやらないというのも一つの方法です。





こんな形できれいになりましたが、紫外線によるパネルの劣化が始まっています。

この感じではあと2,3年しか持たないような気がします。


パネルの劣化は待ってはくれないので休みたくないのは現状です。


知人の勧めで、現在灌漑設備を勉強しようかと思っています。


その辺についてはまた時間があるときに書こうと思います。

拍手[0回]

ポテトの収穫

年に一度の行事
芋ほりです。


今年は当初は、うらのポテト畑1m×2mはm連作障害を考慮して休ませるつもりでした。


でも、勝手に生えてきたのです。



で、実際、実があるのか半信半疑ながら、ほりかえしてみたのです。




そしたらあるわあるわです。

結局こんなに取れました。10ℓバケツ5個。

50キロくらいあります。

どうすんねん。こんなに。





冷暗所で、乾かすのですが、暗いところがないんで、車庫の中に並べて、防草シート(黒)2重にかぶせて光を遮断する予定です。



表面のつちが乾いたら新聞紙でくるんだダンボールに入れて、家の床下の格納庫で保存です。


冬場はポテト料理中心です。(笑)

















拍手[1回]

冬支度

ニュージーランド・ダニーデンは少しずつですが涼しくなってきています。

表のハーブが冬枯れする前に、収穫して、ドライハーブを作るべく

準備を始めました。



左からレモンバーム、タラゴン、ミント、オルガノです。

ミントが遅れていますが、レモンバームはハーベストできたので、

こちらは、ハーブティにすべく、収穫後、色のいい葉のみ分別しました。



タラゴンは、表面の泥を落とすべくサッと洗って、水切りです。






でドライハーブ用、格納庫にて 陰干しです。


あとはミントがどれくらい復活するか待ってみます。

拍手[0回]

セージの収穫



セージ(ハーブ)を収穫しました。

風味も香りも色も悪くなるから、ホントは花を咲かす前に回収するんだけど、働くミツバチに悪いなって思って花が終わるのを待ちました。

これで約4割くらい。

あとはまだ花がついていたので、蜂さんのために残しました。




葉のみを分別してドライハーブに。

本当は洗いたくないのですが、それでも砂がついている可能性もあるので、
水でサッと洗って水抜きをします。

そのあとは、屋内の乾燥ボックス(ドライストア)で陰干しします。



セージは豚肉と相性がいいです。


そしてこのセージとても、いろんなことに効果があります。


http://an-herb.com/sage.html 



少量ですが、ハーブティにも混ぜるか、うがい用に少量つくってみようかと思っています。






拍手[0回]

表のガーデニングをついに再開する

表の庭のガーデニングをついに再開。

1年2ヶ月ぶり。

 



タイムの切り戻しから。
右から左へ切り戻してます。

あとはその周辺の雑草引き。

タイムの切り戻しは、花が散って種がつきかけてきた状態のものを中心に切り戻しました。

そうしないと、バチさんが苦情に近づいてきます。

でも彼らは温厚なので滅多に刺されません。

僕は決して貴方がの食材を奪ってるわけじゃありません。
フレッシュな花は残してます。古い花だけ刈ってるんですよ。
と彼らの邪魔をしなければ20cm横で作業しても攻撃してきません。
日本の蜂とは随分違います。


日本に居るときの3大 嫌いな生物。

1位ゴキブリ 2位ヘビ 3位ハチ

ダニーデンには 1位 2位は 居ません。
ああ、楽園。 なぜ移住したかって・・・。

ハチもスズメバチ、足長みたいに凶暴じゃありません。


それはさておき

ミント内の雑草引き、レモンバーム内の雑草引き。

玄関周りの雑草引き。

腰が痛くなったら立ち上がって、つつじなどの植木の剪定を始めました。

収まったら、ローズマリー周り、ファンネル周りの雑草引き、ガレージの周辺から雑草引きをしていきました。

15分休憩を挟んで 3時間ほど。

結果、あまりの雑草に心が折れました。



前回も、2週間くらいかけて ゆっくり雑草を引きました。

だから、少しづつ。

ジェイミー・オ〇バーさんの庭のようになるのが目標です、

拍手[0回]

× CLOSE

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
ANT
性別:
男性
職業:
専門職
趣味:
スポーツ観戦、音楽、ハーブ栽培、ワインティスティング、料理
自己紹介:
NEW ZEALANDに約10年住んでいます。
シェフとしてこの国に働き、
2006年3月には永住権を取得。
2007年ポリテクニック(専門学校)NZ CHEFコース入学。
2008年に卒業。日本とNZ両方のシェフに。
2009年シェフをお休みして、ハーブ農場に転職。
2010年身辺整理などもかねて5ヶ月日本に帰国。
2011年ダニーデンに戻ってシェフとして復帰する
念願のマイホームを手に入れる

自宅でハーブの栽培にチャレンジしています。毎年、バジルと水菜、紫蘇、タイム、ニラ、三つ葉などをプランター栽培しています。

休日にはワインテイスティングに行くのが楽しみです。

レストラン、ハーブを理解した後は、ワインのことについて働きつつ学びたいと思っています。

身長180CM 体重67kg 

FX外国為替ブログパーツ


-外国為替-

フリーエリア

忍者アド

ブログ内検索

最新コメント

(10/28)
(10/20)
(09/22)
(09/15)
(05/31)
(04/22)

最新トラックバック

バーコード

アクセス解析

× CLOSE

Copyright © BE FREE LIKE A BIRD in NEW ZEALAND : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]