忍者ブログ

BE FREE LIKE A BIRD in NEW ZEALAND

2001年3月にワーキングホリデーでニュージーランド(New Zealand)に入国以来、現在までニュージーランド生活を続けています。ニュージーランド生活や近況報告、地域の紹介、スポーツ。新しいことへのチャレンジなどを中心に、料理や趣味の家庭菜園、ワインテイスティングなどの紹介も書いています。私をご存知の方、記入コメントはくれぐれもANT宛でお願いします。また最初の記事の上部の写真はニュージーランド南島中南部テカポにある「善き羊飼いの教会」 です。
MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

バジルと水菜の片付け



今年の夏にお世話になった48株のバジルを片付けました。

もともと、見よう見真似ではじめたものですが、秋から働き始めたハーブ農園からの知識や、これまでのたくさんの失敗から学んだこともあります。

そして最近本職となった、ハーブ農園で農業のプロに学んだのもおおきい。

種巻きは少しでよい。筋蒔きは単なる種の無駄。3,4粒ずつで確実に発芽する。筋蒔きでえいっとまいてしまうと、48株も芽が出てしまい、なぜか間引くこともできずに生かしてしまいます。

思い切って早いうちに切り戻さないと大きな若い葉が続かず成長しきって花が咲いてしまう。本葉が3段になったら即座に2段きり戻すくらいでいいようだ。



同様にしてお世話になった水菜を30株ほど始末しました。

これらの土は一度掘り返して掘り返し日光を浴びさせ休ませます。
そして、去年の夏から作っているコンポスト自然肥料(食事の廃材と買った芝生の藁を外にある底抜けのケースに入れて密封しミミズさん達が自然分解してくれて栄養のある土を作ってくれるものです。)と混ぜて春に新たにプラントを作ろうかと思います。

来年のブラント計画は水菜をやめて、(ハーブ農園からもらえるから)その2つのプランターにニラ(これも時々職場からもらえるのですが)をいっぱい育てようかと思います。

それから、バジルを30株ほど。それから、すでに始めているのですが、職場からもらってきたミントの苗を植えてます。

タイムを庭の片隅にうえようかとも。

そのあと、今日はネギを切り戻しました。 切り戻さないとすぐ花を咲かせてしまいます。

枯れていたニラがよく見ると新芽が出始めていました。
このネギもニラもう2年生え続けています。このつまらないネギとニラの話ですがまた後日にしようかと思います。

拍手[0回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

× CLOSE

カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
ANT
性別:
男性
職業:
専門職
趣味:
スポーツ観戦、音楽、ハーブ栽培、ワインティスティング、料理
自己紹介:
NEW ZEALANDに約10年住んでいます。
シェフとしてこの国に働き、
2006年3月には永住権を取得。
2007年ポリテクニック(専門学校)NZ CHEFコース入学。
2008年に卒業。日本とNZ両方のシェフに。
2009年シェフをお休みして、ハーブ農場に転職。
2010年身辺整理などもかねて5ヶ月日本に帰国。
2011年ダニーデンに戻ってシェフとして復帰する
念願のマイホームを手に入れる

自宅でハーブの栽培にチャレンジしています。毎年、バジルと水菜、紫蘇、タイム、ニラ、三つ葉などをプランター栽培しています。

休日にはワインテイスティングに行くのが楽しみです。

レストラン、ハーブを理解した後は、ワインのことについて働きつつ学びたいと思っています。

身長180CM 体重67kg 

FX外国為替ブログパーツ


-外国為替-

フリーエリア

忍者アド

ブログ内検索

最新コメント

(10/28)
(10/20)
(09/22)
(09/15)
(05/31)
(04/22)

最新トラックバック

バーコード

アクセス解析

× CLOSE

Copyright © BE FREE LIKE A BIRD in NEW ZEALAND : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]