忍者ブログ

BE FREE LIKE A BIRD in NEW ZEALAND

2001年3月にワーキングホリデーでニュージーランド(New Zealand)に入国以来、現在までニュージーランド生活を続けています。ニュージーランド生活や近況報告、地域の紹介、スポーツ。新しいことへのチャレンジなどを中心に、料理や趣味の家庭菜園、ワインテイスティングなどの紹介も書いています。私をご存知の方、記入コメントはくれぐれもANT宛でお願いします。また最初の記事の上部の写真はニュージーランド南島中南部テカポにある「善き羊飼いの教会」 です。
MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Herb と Vegetable 達 (2)

以前の日記に書いたように、今年はハーブ類の復活と野菜(トマト、ズッキーニ)に挑戦しています。

まず水菜。本葉が生えてきたのでプランターに植え替えました。



まず水菜。本葉が生えてきたのでプランターに植え替えました。針金とビニール袋を使用してビニルハウスにしました。ダニーデンは 今まで住んでいたクロムウェルと違い涼しいので重要です。これからの成長が楽しみです。




トマトとズッキーニの成長ですが、写真右上が以前の写真です。

トマトは30cmくらいになって花も咲き始めました。ただ、虫達が受粉を媒介しているかどうかは分かりません。指ではじいて受粉を即していますがどうなるか分かりません。

ズッキーニも花が咲き始めましたが、最初は雌花ばかりが咲いて雄花が咲かなかったため、受粉が行われず苦労しています。雄花が咲いたときにそれを切り取って、低温保存をして、雌花が咲いたらそれに受粉を行っています。うまくいっているのかどうかは正直分かりません。何せ初めての試みですので。周りのネギの花が蜂たちを呼び寄せる手助けになっているとは思いますが。



その他のハーブとしては、ベイリーフ(月桂樹)カレーやシチュー、スープなどの香り付けにもいいです。

それから、日当たりの悪い場所に、クレソンを種を巻きました。本当はウォータークレスにしたかったのですが、種が見つからなかったので、別の種類のクレソンにしました。日本では胡椒草といわれているタイプのクレソンだそうです。7cmくらいになったらサラダの具材として食べられるそうです。どうなるか様子を見てみます。

拍手[0回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

× CLOSE

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
ANT
性別:
男性
職業:
専門職
趣味:
スポーツ観戦、音楽、ハーブ栽培、ワインティスティング、料理
自己紹介:
NEW ZEALANDに約10年住んでいます。
シェフとしてこの国に働き、
2006年3月には永住権を取得。
2007年ポリテクニック(専門学校)NZ CHEFコース入学。
2008年に卒業。日本とNZ両方のシェフに。
2009年シェフをお休みして、ハーブ農場に転職。
2010年身辺整理などもかねて5ヶ月日本に帰国。
2011年ダニーデンに戻ってシェフとして復帰する
念願のマイホームを手に入れる

自宅でハーブの栽培にチャレンジしています。毎年、バジルと水菜、紫蘇、タイム、ニラ、三つ葉などをプランター栽培しています。

休日にはワインテイスティングに行くのが楽しみです。

レストラン、ハーブを理解した後は、ワインのことについて働きつつ学びたいと思っています。

身長180CM 体重67kg 

FX外国為替ブログパーツ


-外国為替-

フリーエリア

忍者アド

ブログ内検索

最新コメント

(10/28)
(10/20)
(09/22)
(09/15)
(05/31)
(04/22)

最新トラックバック

バーコード

アクセス解析

× CLOSE

Copyright © BE FREE LIKE A BIRD in NEW ZEALAND : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]